あなたの身近に存在する物流業界の現在と今後の動向

AIが物流業界に進出してきているって本当?

AIの物流業界進出ってどういうこと?

近年の物流業界では、過剰ともいえるであろうサービスなどを請け負いすぎた現在では、ドライバーの高齢化や長時間の運転や荷物運び、厳しい肉体労働を行う環境です。
そんな中、早く、安いといった条件を求める中での人件費削減のための、賃金低下。
こんな状態では、続くものも続けられないのではないかと思います。
そこでAIによる物流センターの効率化を図る試みが試験的に行われているのだそうです。
荷物の物量分析、景況感、天候、過去実績などをデータ化し、AIに学ばせるのだとか。
確かにそうすれば、人の手を煩わさずとも効率的に行えるのではないでしょうか?
正確な物流予測ができることで、到着予想時間も正確になるのではないかという、見解がもたれているようです。

物流業界の進化とこれからの将来性

最近の物流業界は、先ほども取り上げましたがドライバーの高齢化、仕事環境の問題などの課題がありますが、これはいろんな業界にも共通する問題だとは思うのですが、物流業界も例外ではなく、会社の数が問題視されています。
日本という小さな市場のみに多くの物流会社がある状態では競争率が増加し、利益率が低くなっていってしまいます。
しかも、これからの日本は、人口減少の時代が来るとされています。
長期のトレンドでの需要は減ることはあっても、伸びることはないのではないでしょうか?
放置しておいても、勝手に潰れてしまう会社もあるとは思いますが、業界の見直しは必須なのではないでしょうか。
そんな問題も踏まえたうえで、AIや自動運転車がもっと普及していけば、物流業界にも将来性が見えてくるのではないでしょうか。


この記事をシェアする