あなたの身近に存在する物流業界の現在と今後の動向

倉庫会社って何だろう?

倉庫会社ってどんな仕事をしてるの?

倉庫会社というのは、倉庫業という顧客つまりお客様の物品などを倉庫などで保管する受託事業を行う仕事をしている会社のことを、倉庫会社と言います。
倉庫業は3種類に分けられ、普通倉庫業、冷蔵倉庫業、水面倉庫業とあります。
さらに、普通倉庫業は種類があり、よく皆さんが目にする建屋型の倉庫で設備や構造の基準により1類から3類のグレードに分けられます。
他にも野積倉庫、貯蔵槽倉庫、危険品倉庫、トランクルームなどがあるそうです。
トランクルームは個人の家財や美術品、書籍などの財産を保管している倉庫のようです。
それだけ聞くとお金持ちの人が利用してそうですよね。
倉庫のサービスも一般の物流会社のサービスとあまり変わらず、検品から入庫、様々な過程があり最後に出庫するという感じでした。

倉庫会社の他に何の会社があるの?

倉庫会社については、ざっくり説明はしましたが、ほかの会社についても、知りたいと思いませんか?
海運会社と航空会社についても少し調べてみることにしましょう。
まず、海運会社は、原材料やエネルギー資源などを取り扱っている会社の製造や製品、食品などのメーカーに対して、海上輸送をはじめとした様々なサービスを行っており、取引している顧客は世界中にわたる業界なのだそうです。
航空会社は、航空機つまり私たちもよく利用している飛行機を利用した旅行客ないし貨物などを輸送することを仕事としている会社のことで、この航空会社の顧客も、世界中にいる業界になります。
車だと日本に限られますが、船や飛行機は世界中に対応できるので、運送会社や運輸会社、倉庫会社とは少し違う気もしますよね。


この記事をシェアする